HOME  >  一般書  は行
  は行


俳句日暦(一人一句366)

石寒太 著


本体 1,200円 + 税
ご注文はこちらから  

秦恒平の文学
夢のまた夢

原善 著


本体 1,942円 + 税
ご注文はこちらから  

発見を導く表現指導
作文教育におけるインベンション指導の実際

田中宏幸 著


本体 3,800円 + 税
ご注文はこちらから  

発売10日余で重版。

遙かなり ペ・ヨンジュン
― ペ・ヨンジュン作品評

photographer 著

演技者ペ・ヨンジュンにこそ、その真価はあり、作品の中にこそ、ペ・ヨンジュンの美が存在する。
秀逸なる「冬ソナ」評から始まる、こぼれるような香りで描かれたペ・ヨンジュン作品群。

本体 1,600円 + 税
ご注文はこちらから  

恨(ハン)の彼方に
歴史の荒波を越えて

崔惠淑(チェヘスク) 著

日本による朝鮮統治、日本の敗戦による解放、やがて勃発した朝鮮戦争。韓国民が経験した国難と悲劇の歴史に翻弄されながらも、苦境の中で、 教師として母として誇り高く生き抜いた、東京女子高等師範学校(現、お茶の水女子大学)に学んだ一人の韓国女性の半生記。 日本においては詳細に知られることのなかった日本統治・朝鮮戦争を歴史学者として著者は冷静な目で見つめ、いま改めて韓国・日本の関係を問い直す。

本体 1,905円 + 税
ご注文はこちらから  

東アジアのボーダーを考える
―歴史・国境・認識―
われわれは他者と境界をどう認識すべきか

岩下哲典  編著
大庭裕介・小川唯・高田誠・塚越俊志・中川仁・濱口裕介  著
臼井新太郎  装幀


本体 1,800円 + 税
ご注文はこちらから  

光源氏・女人群像
藤壺と六条御息所

上坂信男 著

源氏物語受容史一斑
紫式部は『源氏物語』、就中光源氏に愛された藤壺・六条御息所の生き方を通じて、読者に何を問いかけているのか。
中世・近世・近現代それぞれの二人の女性像を比較検証しつつ、式部の内奥に秘された女性観の実相に迫る注目の書!

本体 2,800円 + 税
ご注文はこちらから  

久生十蘭
『魔都』『十字街』解読

海野弘  著


本体 2,600円 + 税
ご注文はこちらから  

百人一首・耽美の空間

上坂信男 著


本体 1,400円 + 税
ご注文はこちらから  

新版 百人一首・耽美の空間

上坂信男  著

大森裕二  装幀

一首鑑賞の原点は歌番号、詞書、作者名すら抜きにして歌そのものの表現に立返るべきだとする。

本体 1,600円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

百人一首百彩

海野弘[文]武藤敏[画]

大森裕二  装幀

百人一首の「みやび」の世界を、海野弘とパリ在住の料理人にして画家の武藤敏が華麗に描く。
〈歌仙絵〉の伝統がいま、蘇る。

本体 2,400円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

百人一首を継承する 中世の歌人たち

三浦三夫  著

大森裕二  装幀

新古今集時代の藤原俊成から、鎌倉期の源実朝、さらには室町期の今川了俊に至る、歌人たちの歌を味読する。

本体 1,800円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

漂白の意匠

森安理文 著


本体 3,800円 + 税
ご注文はこちらから  

大好評、12刷出来!!

冬ソナ最終章
その後のふたり

Marinche 著

チュンサンとユジンが歩んだそれからの愛!
泪を誘った、あの感動がいま再び蘇る!! 冬ソナ決定版!

本体 1,400円 + 税
ご注文はこちらから  

フレイヘイドの風が吹く

市原麻里子 著

ペリー来航に際しては大統領親書を翻訳し、医学や西洋文明を紹介した美作国(岡山)津山藩の洋学者箕作阮甫の眼を通して、周辺の学者や家族たちとの知られざる交流を描く。 「フレイへイド」とは「自由」を意味するオランダ語。

本体 1,600円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

文学とその風土

佐山祐三 著


本体 5,000円 + 税
ご注文はこちらから  

文語文法詳説

湯沢幸吉郎 著


本体 8,000円 + 税

文士の行蔵

鈴木地蔵  著

林哲夫  装幀

地蔵本、待望の第二弾!

第一弾『市井作家列伝』は、こちら

本体 2,800円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

文章表現の四つの構造

栗原文夫  著

教育現場から生まれた画期的な文章論!

本体 1,600円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

教科書演習ノート
平安文学選  演習ノート(講読017)

検定済高等学校国語科用教科書準拠版

本体価格 500円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

新課程準拠問題集
017平安文学選準拠問題集

検定済高等学校国語科用教科書準拠版

本体 700円

亡命・有島武郎のアメリカ
〈どこでもない所〉への旅

栗田廣美 著


本体 3,790円 + 税
ご注文はこちらから  

ぼくの早稲田時代
青春長編小説

川崎彰彦 著

1950年代、早稲田文学華やかなりし日々の青春群像。一九五三年春、地方から上京、早稲田大学へ入学した穴虫昭は、友人や先輩、そして女性との交流を経て、 いつしか、たくましく成長していく――。文学も政治も激動していた時代の早大を舞台に、ユーモアとペーソスに充ちた筆致で文学青年の魂の遍歴を描く、作者初の長編小説。
別冊栞:小沢信男・涸沢純平・高杉晋吾
推薦文(『ぼくの早稲田時代』に寄せることば):五木寛之
(敬称略)

本体 2,700円 + 税
ご注文はこちらから  

補助用言に関する研究

中村幸弘 著


本体 5,631円 + 税
ご注文はこちらから  

ポスト・ブックレビューの時代
倉本四郎書評集[上]1976-1985

渡邉裕之  編
[解説:松山巖]

工藤強勝  装幀

1976年から21年間にわたり連載された、
「週刊ポスト」の人気ロングラン書評を集成!

『ポスト・ブックレビューの時代 倉本四郎書評集[下]』は、こちら

本体 2,800円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

ポスト・ブックレビューの時代
倉本四郎書評集[下]1986-1997

渡邉裕之  編
[解説:森まゆみ]

工藤強勝 渡部周  装幀

本について語る多様な人々が登場するその魅惑的モンタージュ。
声の書評家、倉本四郎の特異な書評空間。
「週刊ポスト」で21年間、人気の連載書評が甦る!

『ポスト・ブックレビューの時代 倉本四郎書評集[上]』は、こちら

本体 2,800円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ

法華経歌付き仮名書き法華経の研究
(影印本)

田島毓堂 著


本体 4,762円 + 税

ぼつぼつぼちら

暮尾淳 著

生死の境をふらつき、死者たちの声を聞き、エロスへの感嘆の声を噴き出す詩篇。道化力の勢いあふれた俳句。石垣りん、伊藤信吉、岡村昭彦を追悼したエッセイ。暮尾淳ヴァラエティブック。

本体 1,700円 + 税
ご注文はこちらから  

本との出会い、人との遭遇

堀切直人 著

雑学派・越境人の文芸評論家が、十代からの古本屋めぐり、1960年代のアートの嵐との遭遇、編集者時代の作家、画家、演劇人との出会いなどを回顧する。
「週刊読書人」連載の「本のハンター・ギャザラー」に書き下ろし原稿を大幅に加えた。

本体 1,900円 + 税
ご注文はこちらから  

『本の狩人 読書年代記』

山口昌男  著

大森裕二  装幀

若き無名時代の書評から円熟期の読書論まで
本と共に時を重ね、本を友として世界を旅した無類の本好きとして知られる文化人類学者の本に関する、単行本未収録の文章を年代順に集成

本体 3,800円 + 税
ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ