新刊 近刊 一般書 教科書 会社案内 声の図書館
HOME >  一般書  随筆・評論 >  新版忘れ得ぬ国文学者たち

新版忘れ得ぬ国文学者たち

并、憶ひ出の明治大正

伊藤正雄 著

昭和48年初版。30年ぶりの新版。
坪内祐三氏による解説。明治・大正期の国文学界を彩った数多の学者や文士たち、その忘れ得ぬ恩師たちの、素顔の人間像に迫る本書は、第一級の回想録であるとともに、 当時の風俗・世相を知る上での資料・証言としても、貴重なものである。

ISBN:4-8421-0007-9 C0095
本体 2,800円+税
ご注文はこちらから  
目次

はしがき(元版)

父の思い出 佐伯かをる

第一部 忘れ得ぬ国文学者たち―わが戴恩記―
私の三四郎時代(昭和三八、二)
一 震災直後の東大風景
二 上田・保科の両先生
三 藤村・久松・佐佐木の三先生
四 沼波・志田の両先生
五 沼波先生と私
六 その他の諸先生
七 一去三十年

上田萬年博士(昭和四二、一一)―生誕百年・没後三十年に憶う―
上田萬年博士略歴
一 日本言語学の草分け
二 政治家的学者
三 外山博士と上田博士
四 新体詩人上田萬年
五 江戸文人の伝統
六 上田博士と門下生

上田萬年先生遺聞(昭和四二、一〇)―山田孝雄博士からの聞書―

上田萬年先生と私(昭和四二、一〇)

大学講壇における沼波瓊音先生(昭和二、一〇)
沼波瓊音先生略歴

沼波瓊音先生の風格(昭和一〇、一〇)

瓊音先生片影(昭和四五、八))―″脱文学″を志した憂国の国文学者―
一 わが″心の師″
二 先生と古人
三 先生の教育観
四 先生の日常
五 先生の病気と逝去
六 先生の家族
七 著作と遺稿
八 先生の本質

私の見た藤村作先生(昭和四五、九)―大正・昭和前期国文学界の実力者―
藤村作博士略歴
一 藤村先生と私
二 先生の人柄
三 近世文学研究の業績
四 国文学の普及と後進の指導
五 晩年の先生
六 平凡の巨人

佐々醒雪博士(昭和四三、五))―国文学界・忘れ得ぬ人―
佐々醒雪博士略歴
一 『新撰国語読本』の思い出
二 近世文学開拓の業績
三 私の受けた学恩
四 『心中天の網島』につながる因縁
五 『醒雪遺稿』の面目
六 「静かな時を求めつつ」
七 醒雪博士と瓊音先生

潁原退蔵博士と私(昭和二四、八)
潁原退蔵博士略歴

新村出博士のプロフィル(昭和四三、八)
新村出博士略歴
一 一代の学匠
二 秘められたる反骨
三 兼好宗の使徒
四 福沢諭吉を感服させた先考の遺書
五 ″愛語″の生涯

岩本素白先生のこと(昭和三八稿・同四八、五補稿)
岩本素白先生略歴
一 江戸前の市隠
二 素白先生手簡
三 『素白随筆』について

荒木良雄博士を憶う(昭和四四、一二)
荒木良雄博士略歴
一 博士の輪郭
二 「病間録」
三 出来上がった人
四 甲南大学との因縁
五 晩年の著書について


第二部 憶い出の明治大正―わが六・五・三・三時代―
瞼に残る明治のおもかげ(昭和四三、一一―四四、一)
一  四谷と新宿
二  照明と交通機関
三  幼稚園と小学校
四  文房具と学用品
五  あぐらと立て膝
六  あばた・ほりもの・チョン髷・士族の標札
七  浅草と隅田川
八  讃岐屋と天金
九  物売りの声
一〇 遊戯
一一 マッチのペーパー・ふいるむ・ビリケン・ポンチ
一二 お伽話と少年雑誌
一三 『芳水詩集』
一四 回覧雑誌

明治末期の世相風俗について(昭和五五、一〇)
一 活動写真
二 大相撲
三 百貨店と勧工場
四 流行歌

忘れ得ぬ明治末期の事件(昭和四五、九)
一 伊藤博文の死・大逆事件・ハレー彗星
二 佐久間艇長の殉職
三 白瀬中尉の南極探検
四 日本最初の飛行
五 広瀬中佐銅像その他
六 ニュース唱歌

「東京唱歌」の思い出(昭和四二、五)
わが中学時代(昭和四五、七)―国文学に志すまで―
一 麻布中学の思い出
二 大校長江原素六先生
三 笠原節二先生の文法授業
四 塚本哲三著『国文解釈法』
五 佐々木青葉村先生の古美術教育
六 懐徳堂・洗心洞および皇陵巡拝会
七 大和田建樹と大町桂月

武島羽衣氏と金沢庄三郎博士との訃(昭和四二、八)

三高騒動のころ(昭和三四、五)

わが赤門生活(昭和四三、六)

私の見た大正文士の印象(昭和三八、五)
一 有島・芥川・武者小路・菊池など
二 小山内薫と岡本綺堂ら

道頓堀回顧(昭和四八、一)―大正時代の大阪の芝居―
一 五座の今昔
二 鴈治郎と延若
三 連鎖劇と喜劇
四 思い出の食べもの

伊勢に赴任した坊っちゃん(昭和四二、五)


《余録》
よろめき一代(昭和四八)―わがささやかなる研究歴と著作歴―

解説 坪内祐三