HOME >  一般書  随筆・評論  > 日本野球の源流
                                          
        

日本野球の源流

岡野進 著

 

ベースボールの誕生・伝来から明治野球の発展へ
「野球」読めばどんどん「野球」に興味が湧いてくる必読の1冊。

四六判並製本カバー・240ページ

ISBN978-4-8421-0808-7 C0075
本体:2,200円 + 税

送料無料のご注文はこちらから→
目 次

第1章 アメリカ近代ベースボールの誕生と発展
1 ベースボールの始まり
2 初の規約(ルール)
3 21点先取制から9イニング制へ
4 南北戦争による全土への普及(拡大)
5 プロ・チームの誕生と大リーグの創設
6 ベースボールの発展史

第2章 ベースボールの日本伝来とその後
1 日本伝来
2 日本初の野球倶楽部

第3章 正岡子規とベースボールを通して
1 プレーヤー子規の活躍
2 一中ベースボール会を退く
3 子規のベースボール俳句・短歌
4 「野球(の・ボール)」と「野球(やきゅう)」
5 子規のベースボール解説

第4章 一高(第一高等中学・高等学校)野球部の発展と覇権確立  
1 一高ベースボール・野球部
2 一高・三高対抗戦
3 一高野球部の存在価値

第5章 慶応義塾・早稲田大学野球部の創設と躍進
1 慶応義塾野球部
2 早稲田大学(早大)野球部
3 早慶戦中止へ
4 早慶野球部新時代
5 学生(三-六大学)野球結成

第6章 明治期(末)の野球への注目と話題
1 国内の学校野球の状況
2 中等学校(中学校・現高等学校)の状況
3 初のオリンピック代表「三島弥彦」と野球
4 天狗倶楽部の登場
5 日本運動倶楽部の設立
6 野球殿堂入りした明治期の野球人

引用・参考文献
写真・図・表「出所」一覧