HOME >  一般書  随筆・評論  > 草木万葉のうた
                                          
        

草木万葉のうた

稲垣富夫 著

 

日本のこころを語り継ぐ―― 万葉集に詠まれた植物歌に託された、万葉の 人びとの心に分け入り、その文芸性と民族・ 歴史・風土性を考察した書!
万葉の散歩道(東山植物園)の全歌解説!

四六判並製本カバー・292+口絵32ページ

ISBN978-4-8421-0805-6 C1092
本体:2,400円 + 税
送料無料のご注文はこちらから→
目 次

目 次 概 略――

草木百種歌

あかねさす紫野ゆき(額田王)
紫のにほへる妹を(大海人皇子)
こせ山のつらつら椿(坂門人足)
ひくま野ににほふ榛原(長忌寸 意吉麻呂)
君が行き日長くなりぬ山たづの(衣通王)
いにしへに恋ふる鳥かもゆづる葉の(弓削皇子)
ささの葉はみ山もさやに乱げども(柿本人麻呂)etc.

落 穂  資 料 

万葉関係系図( 皇室系図 ・ 藤原氏系図 ・ 大伴氏系図 )

和歌索引