HOME >  一般書  創作 >  諫早三部作

思わず泣ける短篇小説
諫早三部作

浦野興治 著

昭和30年代 諫早少年小説集
文芸評論家・田中美代子、文芸評論家・堀切直人、歌人・染野太朗、作家・佐藤洋二郎による文芸時評の付録つき。

四六版上製本・474ページ

ISBN978-4-8421-0823-0 C0093

定価:3,300円(税込)
送料無料のご注文はこちらから

目次


   
諫早少年記( いさはやしようねんき)
一月の章:喧嘩独楽( けんかごま)
二月の章:不知火 (しらぬい)
三月の章:野苺( のいちご)
四月の章:朋輩 (ほうべ)
五月の章:千羽鶴 (せんばづる)
六月の章:弓矢 (ゆみや)
七月の章:七月二十五日
八月の章:廿日(はつか)えべっさん
九月の章丹波栗( たんばくり)
十月の章浮立( ふりゅう)
十一月の章:神待夜(とうや)
十二月の章:もちつき
諫早思春記(いさはやししゅんき)
第一話:爪先立つ剣士 (つまさきだけんし)
第二話:アボちゃん
第三話:恋する
第四話:長崎くんち
第五話:蜜柑狩り
第六話:卒業
諫早夏物語(いさはやなつものがたり)
一章:貝掘り
二章:花火
三章:海水浴
四章:お盆

~諫早三部作・時評集はこちらから~