新刊 近刊 一般書 教科書 会社案内 声の図書館
HOME >  一般書  随筆・評論 >  下北沢に住んでいた頃

昭和30年代の東京・下北沢を舞台に出会った人々との交流を描く表題作を含む全11
下北沢に住んでいた頃


岡崎勝郎 著
臼井新太郎 装丁


四六判上製本カバー・376ページ

ISBN978-4-8421-0773-8 C0093
本体:1,500円 + 税

ご注文はこちらから   amazon.co.jp 詳細ページへ
目次

Ⅰ 下北沢に住んでいた頃
  よしなし草
Ⅱ 湘南の隠れ家
  部屋
  犬に噛まれた話
  麻布曜春
  ヴェルサイユだより
Ⅲ 中国・東北部紀行
  青梅雨
  内山完造と大学目薬
  『昭和』の鎌倉